防音対策や内装・デザインを学ぼう

スポーツバーを経営している環境スペースでは、スポーツバーという経営スタイルであることから、内装やデザイン、防音にこだわった店作りをしています。
そんな環境スペースのオーナーは海外留学経験があることから、幅広い視野を持っているため色々な視点から見て、より良いバーを作ろうと考えているのです。
環境スペース~スポーツバー経営~では、そんな環境スペースが考える内装やデザイン、防音に関するポイント、海外留学に関することなど幅広い分野について紹介していこうと思います。

スポーツバーの内装について

スポーツバーというと、どのようなイメージを持ちますか?
スポーツバーに限らず、バーというとどこかオシャレな印象を持つ人が多いはず。
基本的に、バーは内装がもっとも大きなポイントになると考えられていますが、一人はもちろん、カップルでも入りやすり雰囲気を作ることができているのかという点も重要になります。
スポーツバーの特色としてスポーツ観戦をするという目的があるので、その目的からかけ離れたような内装ではお客さんも居心地が悪くなってしまうので、気をつけて内装を考えなければいけません。
初めて来てくれた人でも居心地が悪くならないような空間を作れるようにしましょう。

スポーツバーのデザインについて

バーのデザインは、一般的な飲食店のデザインとは異なります。
レストランなどでは比較的明るめな照明を用いていることが多くありますが、バーの場合は落ち着いた雰囲気であったり、スポーツ観戦しやすいような雰囲気をつくるようにしなければいけません。
スポーツ観戦がメインの目的になるスポーツバーでは、あまり明るすぎる照明明だとモニターが見づらくなってスポーツ観戦に支障がでる可能性があります。
また、カウンターがあるバーの場合、レイアウトなどもきちんと考えるようにしてください。
カウンターはバーの顔なので、重要になります。

スポーツバーの防音対策について

スポーツバーという特性上、防音対策は必須です。
スポーツ観戦をしているとお客さんはどうしても盛り上がります。
黙りこんでみてくださいというのは無理な相談になってしまうので、きちんと防音対策をし、周囲に迷惑がかからないように気をつけなければいけません。
もし苦情がきてしまうと、お店自体の営業が難しくなる可能性もあるので、きちんと対策をしておくことで損をすることはないでしょう。
内装やデザイン、防音にこだわった店作りをすることはなかなか大変ですが、とてもやりがいがあります。
当サイトを見て、皆さんも挑戦してみてください。