内装工事にはどのような会社が関わっているのか

店舗を作ってからオープンまでには、多くの会社が関わります。
内装工事には、それぞれの分野のプロフェッショナルが集結しているということになります。
1つの会社だけで完結しない内装工事は、複雑な側面もありますが、多くの会社が関わっているからこそできることだと言うこともできるでしょう。
では、内装工事に関わっている会社について環境スペースがご紹介しましょう。

施工管理会社

施工管理会社は、施工会社とも呼ばれます。
設計書を元にして、内装工事をするために必要な人材や資材などを集めます。
ただ人材や資材を集めるだけではなく、期限内に工事を終わらせることができるようにしなければいけないのです。
資材の入手経路が多かったり、優秀な人材を集めたりできる施工管理会社は、工程管理能力も高いと言えるでしょう。
施工管理会社の中には、1500万円以上の工事を扱うことができる一般建設業許可、4500万円以上の工事を受注できる特定建設業許可の2つがあります。
内装工事の予算に応じて、どちらに依頼するのかを決めしょう。

デザイン設計会社

デザイン設計会社は、デザインの設計業務と設計管理業務をするという2つの仕事を担います。
デザインの設計業務は、クライアントの希望に沿ったデザインやレイアウトを考え、図面に落とし込みます。
そして設計管理業務は、設計した図面の通りに内装工事が進んでいるかをチェックするのです。
デザイン設計会社は、内装工事自体がメインの仕事ではないので、内装工事の見積もりを依頼しても大まかな見積もりしか出してもらえないというケースがほとんどです。
そのため、詳しい見積もりが必要なのであれば、施工管理会社へ依頼した方が良いでしょう。

専門業者

専門業者は、内装工事で作業を行う職人と呼ばれている人のことです。
専門業者と呼ばれる職人は、施工管理会社の指示に沿って、電気やガス、什器、クロスといった専門的な工事を行います。
専門業者の中には、特殊な工法が得意で、専門技術を持っているというケースもあります。
場合によっては、クライアントや設計に指名されることもあります。
内装工事には、このように様々な会社がや職人が関わっています。
もちろん、工事の内容などによっても変わってきますが、基本的にはこのような会社が関わっているということを覚えておけば良いでしょう。
どのような会社が関わっているかを知っていれば、内装工事の様子を見た時にも、その場で作業しているのはどのような人なのか把握できるはずです。