「 2018年11月 」一覧

店舗デザインはイメージが大事

店舗デザインはイメージが大事

店舗デザインの作成においては、具体的なイメージを決めておくことが重要です。デザイナーにとっても、擬態的なイメージがあることでより理想に近いデザインに仕上げることができるのです。また、快適に過ごすことのできる空間にするための動線などもお客様とスタッフを分けるなどの工夫をするとよいでしょう。

店舗のデザインが完成するまでの流れ

店舗のデザインが完成するまでの流れ

店舗の印象を左右するのはそのお店の雰囲気が大きく影響してきます。内装のデザインにこだわることで、そのお店の特徴を打ち出しやすくなると環境スペースは思っています。良い店舗づくりをするためには、デザイナーと異見を合わせることも重要です。今回は、店舗デザインが完成するまでの流れを紹介します。

防音工事って?

防音工事って?

環境スペースが防音工事について紹介します。日々の暮らしの中で音に関する悩みはたくさんあり、トラブルにまで発展することもあります。こうした音に関する悩みやトラブルを発生させないようにする為に、防音工事をする必要があります。現在生活をしている中で、自分がどのような音レベルで生活しているのかをしっかり受け止め、防音工事を検討してみましょう。

遮音等級(D値)について

遮音等級(D値)について

環境スペースが遮断等級に関しての紹介をします。騒音から音を守る為に必要な遮音対策ですが、防音対策をする前には遮音等級を調べる必要があります。今不快に思っている音がどのくらいのレベルなのかを調査し、それにあった防音対策をする必要があります。実際に、身近なものでも音の聞こえが等級によゅて異なってきますので、しっかりと音の知識を身に付けた上で行うようにしましょう。

防音室、防音対策をするメリットって?

防音室、防音対策をするメリットって?

環境スペースが防音工事について紹介します。音と関わる事が多い日常生活の中で、少しでも音を抑えトラブルや悩みから解放されたいと思っている人はたくさんいるでしょう。防音工事は費用も期間もかかってしまう為、簡単に判断できないものです。しかし、計画性を持って防音工事を取り組むことによって、持ち家であれば資産価値を高めることができるメリットがあります。

吸音と吸音材料

吸音と吸音材料

環境スペースが防音に関する素材の選び方や吸音材について紹介していきます。防音をする際に利用する素材というのは、目的や場所によって様々となります。防音性能を高める為に、そして目的に応じた適切な防音をする為にはどうしたらよいのかということをしっかり学ぶことで、適切な防音対策を行うことができます。

環境スペースと音響

環境スペースと音響

演奏のバランスを左右する音響。 心地よく聞こえる場合もあれば、演奏の妨げになったり、違和感を覚えたりする場合もあります。 では一体、最適...

音の単位、デジベルについて

音の単位、デジベルについて

環境スペースでは音と日常生活は切っても切れない関係だと思っています。身の回りで音を無視した生活はできないですよね?何かしら音が発生し、音と付き合っていくことになります。そこで、環境スペースが音に関しての情報を詳しく紹介していきます。音とどうかかわっていけばよいのか一緒に考えてみませんか?