吸音と吸音材料

防音の性能は、使われる素材によって変化することを知っていましたか?
その素材の選び方は、目的や場所により様々です。
今回の記事では、それぞれの防音の吸音材について環境スペースが紹介します。

吸音と吸音材料

音が床や壁、天井の素材などによって吸収されることを「吸音」と呼び、吸音性能が高い材料は「吸音材」として幅広く利用されています。
防音材は、ウレタンのものやスポンジのものなど様々あり、大きなサイズから加工した吸音シートは、音響の調整をするための壁に貼られる吸音材として防音室などにも使用されています。

吸音力は、材料の吸音性と厚みや密度などと関係しており、カーテンやカーペッドなどもその材料の一つです。
また、一般的に硬くて重い材質の物ほど吸音性は低くなりがちで、柔らかいくて軽い材質の物の方が吸音性が高い物が多くあります。

区分としては、多孔質吸音材料、穴あき吸音構造、板状吸音構造、膜状吸音構造など様々です。

多孔質吸音材料

繊維に多数の気泡がある材料で、グラスウールやロックウールが代表としてあり、木毛セメント板や、軟質ウレタンフォームなどもあります。
天井の材料に使いやすく、利用しやすいように加工したものも販売されています。

この材料は、厚くなればなるほど吸音率が大きくなり、波長の1/4程度以上になると吸音率は変わらなくなる性質があります。
しかし、ペンキなどが表面の気泡についたり、被覆材で覆われると高音域の吸音率が低下してしまう材料です。

背後吸音層が大きければ大きいほど、低音域まで吸音することができ、薄い多孔質吸音材料だとしても背後吸音層が大きければ低音域まで幅広い周波数を吸音することができます。

穴あき板吸音構造

多数の穴があいている板材と、背後空気層を合わせた吸音構造のことで、板の材質には吸音性能が生じないものが殆どです。
吸音特製は共鳴周波数を中心として山型の特製を示し、板穴、穴の大きさ、穴のピッチ、背後空気層、下地構造が吸音特製に影響します。

穴あき石膏ボードや、穴あきスレートボードなどがあります。

板状吸音構造

合板などの板材と、背後空気層を合わせた吸音構造のことで、音楽ホールや残響調整などに利用されています。
合板の他にも、ハードファイバーボードや石膏ボード、プラスチック板などがあります。

天井や壁の剛性が低いと、残響音が短くなったり、共振による影響があるので注意が必要な構造です。

その他の吸音材には、カーテンや敷物、椅子などがあります。