防音工事って?

防音対策で知られている、防音工事。
安心して音楽活動などに励むことができるのが嬉しいですよね。
しかし防音工事をすることでどのくらい防音がされるのでしょうか?
環境スペースが防音工事について深堀りしていきたいと思います。

環境スペース,防音工事

完全に防音にすることは難しい

実は「防音」とは言っても完全に音を遮断することはできません。
聞こえる音が小さくなるというのが正解です。
理論上では完全に音を遮断することはできるのですが、それを実際にしようとすると防音の層を何重にもする必要があり、実現することは難しい現実です。

音には空気伝搬音と、個体伝搬音の2種類があります。
空気伝播音は、ピアノやテレビなどから放出された音が空気中を伝搬する音のことです。
固体伝搬音は、振動が建物に直接加わって伝搬し、天井や壁を振動させて空気中に音として放出する音のことです。

お客様に合わせた防音対策

ピアノの音の大きさは、単位にしてアマチュアでも90db~100dbあり、プロの場合は約110db程になります。
勿論性別や楽曲、経験によっても変わります。
低音から高音まで幅広い音域があるのがピアノの特徴で、低音は特に振動を周囲に伝えやすくマンションの場合は騒音騒動にもなりかねます。
ピアノの種類やメーカーにより音域や音色も変わるため、そのお客様の要望にあった防音対策をすることが重要となります。
防音の性能をアップさせることも可能ですが、その分部屋が狭くなり、コストもかかります。

ピアノ室の場合は壁・天井・床に対し遮音と防振構造が必須で、足から音が床を伝わって壁や天井・床などに入射した音が隣室に放射してしまうためです。

防音の設計について

防音対策において、重たさも重要なポイントになります。
防音するためには、荷重を考慮し設計する必要があります。
基本的な考え方に荷重もありますが、RC造より弱い木造の防音室は、1階に設計するのが理想的です。

防音室を作る場合は、今ある建物内に防音の層を1層造って、そこを防音室にするというケースが殆どです。

バックスインボックス工法という防音対策の仕方の場合は、部屋の中に部屋を作って、更にその部屋の中にもう1部屋を作るようなものです。
二重サッシはガラスとガラスの間に隙間がありますが、防音室も同じように壁と壁の隙間を設けています。
この工法はライブハウスや、コンサート会場、劇場などでも採用され、高い防音効果があります。
特にドラムのための防音室では、こういったより性能の高い防音の仕方が必要となります。