建築事務所なら環境スペースがおすすめ

店舗デザインを依頼することになった場合、設計士との打ち合わせを何度も行う必要があります。
話し合いをする機会が多くなってきますので、事前にデザイン設計事務所ではどういったことをしているのか、業務内容を詳しく知っておくと話がスムーズに進むでしょう。
では、実際にデザイン事務所ではどういった事業を行っているのでしょうか。
詳しく紹介していきます。

デザイン事務所も色々ある

デザイン設計事務所と言われている場所は、種類はもちろん1社1社特徴が違っています。
その為、自分はどういったデザインをしたいのかによって依頼先が異なってくるのです。
住宅専門、商業専門といったところもあればデザイン全般全部を行っているところもあります。
更に、規模も大規模で行っているところもあれば、小規模のところもあります。このように、デザイン設計事務所と言っても様々分かれているので、決める際にはしっかり見極めるようにしましょう。
デザインをするにあたり、何を一番にするか、力を入れたいところはどこなのかを事前に決めておくことで、決めやすくなるでしょう。

設計士と建築家の違い

設計士と建築家の仕事は同じだと思っていませんか?
実はこの2つの職種には決定的な違いがあるのです。
それは、家を一番最初のベースから建てることができるか、できないかという点です。
家をゼロベースから建てる場合には、一級建築士の資格が必要になります。ただ、デザインのみを行う、内装の設計をするという場合には資格は必要ありません。
一般的に、建築事務所の人がデザインから全ての工程を行う場合はありますが、デザイン事務所がゼロベースから家作りをするというのはありえない話になります。

このように、デザインを依頼する際どこにしようか迷ってしまった…という場合には、両方行うことができる建築事務所がおすすめです。
環境スペースは、建築事務所ですのでゼロベースからの設計を行うことができます。
そして、なぜ環境スペースをおすすめするか…それは、防音対策のスペシャリストだからです。
生活音というのはトラブルの原因になってしまいます。
商業施設はもちろん、個人宅でも大問題になり、事件に発展することもあります。
そうならない為には、事前に防音対策をしておく必要があります。
環境スペースであれば、最適な防音対策方法を伝授してくれるので、安心して任せることができます。

お店を構えるとなれば、防音対策もしっかり行う必要があるので、ぜひ環境スペースに相談してみましょう。