屋上における防音と防音壁の設計

室外機は思っている以上に音がする為、屋上など屋外に設置すると騒音トラブルが発生することがあります。長く住み続ける上で、騒音トラブルは避けたいものです。

近くにマンションがある場合、1人だけではなく多くの人が住んでいるため、騒音クレームが入るケースは高くなってしまいがちです。
今回は、環境スペースが屋上における防音と防音壁の設計について紹介していきます。

設備機器を室外機を屋上に置いた場合の以下の方法で比較します。

防音壁の設置の仕方①

防音壁の高さ⇒2.5m
防音壁の設置する場所⇒室外機近くに1面のみ

この場合、おおよその防音対策をすることは可能ですが、正面の方向に有効であり、他の解放されている方向からは室外機の運転音が壁の両端をまわりこむように広がってしまうため、少々防音対策として不十分な設置の仕方です。

防音壁の設置の仕方②

防音壁の高さ⇒2.5m
防音壁の設置する場所⇒室外機の外周に3面

この方法の場合、両端からの音の漏れも防ぐことができ、均等に防音対策をすることが可能です。
しかし、3面での壁の設置なので、設置していない1面に建物がある場合は他の防音対策をしなければならないケースがあります。

防音壁の設置の仕方③

防音壁の高さ⇒2.5m
防音壁の設置する場所⇒室外機の外周に4面

4方向全てを囲むと円状に音が拡散するため、どの方向にも防音対策をすることが可能ですが、室外機をまるごと囲む設計のため、防音壁の一部はドアにしないとメンテナンスなどの時に、出入りすることができなくなってしまいます。
ドアを作ることで更にコストがかかってしまうというデメリットがあります。

防音壁の設置の仕方④

防音壁の高さ⇒2.5m
防音壁の設置する場所⇒パラペットに沿った4面

屋上にあるパラペットに沿って防音壁を設置するという方法は設計者がよく提案する方法です。

しかしこの方法は、上記であげた3つのパターンで1番防音対策が低い方法で、水平方向にも、断面方向にも防音効果があまりありません。

原因は、防音壁が室外機から離れ過ぎてしまうと、防音壁が室外機の運転音を防音する前に、拡散して行ってしまうからです。
音の発生直後に防音と遮音をすることが基本的なため、防音壁が音の発生源から近ければ近い程防音効果を得ることができます。

また、パラペット沿いに設置すると、防音効果が低いだけでなく、防音壁の設置が大変なため、コストが高くなってしまうというデメリットや、建物のふちに設置することでの高さの制限をされる可能性もあり、得策とは言えません。

設計をする早めの段階で、メーカーなどに相談してみてください。