防音室の構造について

室内でペットを飼っている方や音楽活動をしている人にとって欠かせない防音。
しかしどうやって防音部屋にすることができるか気になりませんか?
今回は、環境スペースが防音室の構造についてお話したいと思います。

ボックスインボックス構造

ボックスインボックス構造は、部屋の中にもう1つ部屋を造る構造のことで、浮き遮音構造とも呼ばれています。
床の防振ゴムなどによって、周囲の床や壁、天井と絶縁できることができるため、外部に振動が伝わりづらくなり、床の歩行音、扉の開閉時の衝撃音など個体伝搬音の防止をすることができます。

振動が伝わりにくくなり遮音性能が向上しますが、その性能は防振材料によって大きく変わり、遮音したいレベルに合わせてそれに見合う材料の選択をすることが重要です。
一般的には防振ゴムを使用しますが、一度工事をすると後からの変更が効かないため、後悔しないように防音業者の方としっかりとした打ち合わせをする必要があります。

ピアノ室の場合は、D-50~D-55、ドラム室はD-65~D70を目安に防音室の設計を行いますが、ドラム室の場合はこのボックスインボックス構造の中に更にもう1つ部屋を作る場合があるため、元々の部屋が広くないと狭くなってしまいます。

空気換気設備による遮音

建築工事で遮音するだけでなく、空気換気工事も重要となります。
失敗してしまうと、せっかく建築工事で遮音性能を得ても、空調のダクトから音が漏れるケースがあります。

簡単な換気工事であれば、開口部の熱交換式の換気扇を設け、浮き遮音の層内部に消音できる箱を設けて防音室内部から外部への音の漏れを防ぎます。
ドアの開口部の性能をあげるよりも換気扇の遮音性能を上げた方が効果的です。

また、本格的なダクト型の空調・換気扇であれば、吹き出しと吸い込みダクトにサイレンサーなどを使って空調換気機器の騒音を軽減することが可能です。
この場合は、防音室から外部に音を漏らさないための設計をし、空調機を天井から吊り、指導が伝わらないようにして、空調ダストも同じように防振の支持で吊ります。

通常の換気工事よりもコストがかかるため、設計時にどのくらいのレベルの防音がしたいのかを伝え、見積もりと相談しながら決めることがおすすめです。

電気や配管での遮音も…

オーディオ用のケーブルやコンセントを設置するためのプレートの裏に、遮音用の箱を作り、鋼でできたボックスを設けます。
通線後に貫通した部分の隙間処理を行うことで高音の音漏れを防ぐことができます。