店舗デザイナーとは?

店舗デザインを決めることは、店の雰囲気を来店するお客様に伝えるためには必要な事で、店を素敵な空間にしていくためには大事な事です。
そんな店舗デザインにはデザイナーと呼ばれる、店舗の家具や床や壁紙をデザインして、配置を考えてコーディネートしてくれる業者が存在します。

店舗デザインはどこに頼めばいいのか?

店舗デザインをしてくれるのは設計事務所になり、設計事務所の中のインテリアデザイナーが商業用のお店のデザインを考えてくれます。
設計事務所では、依頼人のこんなお店にしたいと思う要望を聞き、何度も打ち合わせしていくことで、お店のデザインが完成していきます。
内装を考え図面にしてもらったら、その次は工事が必要になりますが、基本的には工事をしてもらう会社は設計事務所とは違う会社に依頼しなければなりません。
しかし設計と工事を両方受け持ってくれる設計事務所もあるので、設計事務所と工事会社のやり取りが大変そうだと考える人は、設計事務所の選択を良く考えてから依頼しましょう。

設計事務所のデザインする種類

設計事務所では主に住宅のインテリアを設計する事務所が多いですが、商業デザインを考えてくれる設計士もたくさんいます。
住宅用と商業用どちらも行っている会社もあります。
設計事務所を選ぶのは良い店を持つには非常に大事な事で、お店の雰囲気を良いものにするためには、設計士やデザイナーの力が必要です。
しかし、自分の出店したいと考える店の雰囲気が特徴的であると、「依頼を受けてもらえないのでは?」と不安な気持ちになる場合もあります。
なかなか依頼を受けないようなデザインだと設計事務所に断られる可能性もあるので、事前に設計事務所の特徴を理解しておきましょう。
そうすることで、スムーズに店舗デザインを決めてくことができるでしょう。

建築士とデザイナーの違いとは

建築士は何もない土地から店舗や家を建てられる人のことで、一級建築士や二級建築士がいます。
デザイナーはデザイナーの資格がありますが、資格を持っていなくてもデザイナーを名乗ることができます。
また、デザイナーは既にできている建物のデザインを行うので、土地だけしか所有していない人の所に店舗を建てるのはできないのです。

店舗デザインにはデザイナーに依頼するのが良いですが、設計事務所選びを間違ってしまうと、色々大変です。
限りある時間を大切にするためにも、店舗デザインを良くするためにも、設計事務所選びは真剣に行いましょう。