店舗デザインに掛かってくるお金はどのくらいなのか

店舗デザインは依頼する設計事務所によって変動していきます。
さて、一体どのくらいの費用が違ってくるのでしょうか。
今回はこれから店舗デザインをお願いしようと思っている人にも分かりやすく環境スペースが説明していこうと思います。

デザイン事務所に掛かるお金

デザインを依頼したら、設計費用やデザイン料が請求されます。
デザイン料は坪数×単価になっており、単価は設計事務所によって様々ですので相場価格を断定することはできませんが、店舗デザインに関わる費用全体から、大体10%前後の料金がデザイン料となります。
しかし、10坪以下の建物を設計する場合は、請求額は一律で45万円というように、別の料金設定になるので要相談しておくと良いでしょう。
また、設計監理費という費用も費用になります。。
これは設計事務所が、図面通りに工事が進んでいるかどうか管理するための費用になり、これも上乗せになります。

施工会社に掛かってくるお金

施工会社に支払うお金は2種類に分けられ、設備工事費と造作工事費に分かれています。
設備工事費は電気やガス、給水や排水に必要な設備を整えるために行われた工事にかかる費用で、店の営業には必要不可欠な工事の費用のことを指します。
もうひとつの造作工事費は、窓や階段を取り付けるなどの工事にかかる費用で、希望したデザインや作りによって大きく差が出てきます。
予定していた予算より多くの費用が掛かってしまう場合もあるので、予算は多めに考えておいた方が安心できるでしょう。

また、工事費用だけではなく、スケジュールもずれることがあります。
天気の悪い季節は工事が行われなくなり、工事期間が延びるので開店までの日数が多めに考えることも忘れないようにしましょう。

費用の払い方

デザイン会社や施工会社に払う金額は大きいため、一括払いではなく、分割払いで支払われている場合がほとんどです。
支払うタイミングは依頼するデザイン会社や施工会社によって違いますが、デザイン設計費用の場合は、設計してもらって設計終了後に半分である50%を支払います。
工事が完成して出来あがった時に、さらにデザイン設計費用の50%を支払います。
施工会社に払う費用は、工事に取り掛かる着工時に全金額の50%、引き渡し時に50%のように払っていくのが一般的な払い方です。

店舗デザインに掛かる費用は、どうしても高くなりがちですが、予算を多めに考え、デザイン設計時に予算より少なめな額を予算として見てもらえれば、施工時に思わず高くなって困ったということを回避できます。
いつ、どこに費用が掛かってくるのかを理解して良い店舗作りに繋げていってもらえればと思います。