店舗デザインとは何なのか?

皆さんは店舗デザインはどのようなことを言うのかご存知ですか?
おおまかなことは想像できると思いますが、具体的にはどのようなものなのか、知らない方の方が多いかと思います。
今回は、店舗デザインについて環境スペースが詳しく紹介していきます。

店舗デザイン

店舗デザインは店内のデザインを設計することで、内装やインテリア設計します。
設計をする人のことをデザイナーといい、よく聞くインテリアデザイナーの中でも店舗などの商業系のデザインをする人のことを示しています。
主な設計場所は、壁や床、家具や器具など、主に内装デザインを店主が目指す、雰囲気になるように考えてくれます。
家具の設計は、家具屋さんに売っていないオリジナルを設計してくれるので、独特なお店を出店しようと考えている人は店舗デザイナーに依頼しましょう。

店舗デザイナーとの打ち合わせ

店舗デザイナーは家具の配置やレイアウトも決めてくれます。
店主の要望からお店の雰囲気を考え、壁紙や家具などを考えその後配置を決定し、図面に落とし込んでいきます。
このように、依頼主と打ち合わせをしてお店のデザインを考えていくのです。
自分の考えている雰囲気は相手に伝わりにくい場合があるので、どういった雰囲気にしたいのかを明確にし、伝えることが大切です。

とくに個性的かつ独特な雰囲気のものは、デザイナーも未知の領域である人が多いです。
事前にある程度打ち合わせして、何回も相談することで自分好みの店舗にしていくことができるでしょう!

デザインを考えてもらった後は

デザインを考えてもらって図面にしてもらえればデザイナーの仕事は終わりになりますが、それだけでは店舗は完成しません。
図面をもらったら、工事をする作業が必要です。
工事作業をする人は施行会社になり、店舗デザイナーは関与は少なくなってきます。
基本的には店舗デザイナーは着工時にはいないですが、家具の大きさを変える場合は設計のやり直しが必要なので、関わってくることが多いです。
また、配置するもののデザインが希望通りのものでなかったり、デザインを考え直す必要がある場合は、店舗デザイナーの力が必要になります。
店舗デザイナーが図面に起こすまでは施行といい、その後の工事が始まる時は着工と呼ばれます。
その後、工事が完了した時は竣工と呼ばれ、店舗完成間近になってきます。
企業の中には着工式や竣工式をお祝いする会社もあり、店舗を作ることの中でも店舗の一大儀式にしている会社が多いです。