そもそも留学の本質って何だろう?

将来的に留学をしたいと考えている人、子どもを留学させたい親にとって、留学の基本情報はぜひ知っておいて欲しい部分です。
環境スペースのオーナーは海外留学経験があるので、初めて海外留学する人に向けて様々な基礎知識をお伝えしています。
では、そもそも留学とはどのようなものかは考えたことはありますか?
今回は、海外留学の本質についてお話してきましょう。


語学学習の場としての留学

留学したい理由のトップに挙げられる「英語の習得」は、海外留学の目的の1つといえます。
実際に多くの留学斡旋業者が、語学学習の方法として留学を推しています。
海外への留学を希望する人の多くも、留学をして生の英語に触れれば自然にネイティブの英語が必ず身に着くと期待をしがちです。
しかし、日常的に英語を学んでいない人が、1年程度の留学をした程度では、身に着く英語力に限界があります。
大手外資系企業で英語を使ってビジネスができるレベルには到底達しないと考えて良いでしょう。
「生きた英語を身につける」は、実は留学の本質とはいえないと環境スペースは考えています。


就職に有利か?

さらに、留学で英語を勉強すれば就職に有利だと考えている人も多いでしょう。
しかし実は、帰国後の就職で苦戦する人はたくさんいます。
留学のために退職して、1年程度の留学をした人の場合は特に、再就職の難しさに直面するケースが増えています。
もちろん、帰国後に大手外資系企業に再就職して、英語を活かした仕事に就きバリバリと働く人もいます。
ただし、1年程度の留学で身につけた英語力で採用されたというよりは、元々が有能で有益なスキルがあるなど、一握りの逸材だった場合がほとんどです。


学びの大切さを知る経験のチャンス

せっかく留学をしても、帰国後に厳しい現実を知って焦る人が多いとはいえ、それでも環境スペースはたくさんの人に海外留学をおすすめします。
なぜなら、留学でしか体験できないような人生での学びがたくさんあるからです。
語学の習得だけが留学の本質ではありません。
住み慣れた環境を離れ、知らない場所で新しい自分と向き合う経験が留学でならできます。
留学先では様々な厳しい日々が待っています。
慣れない環境で苦労しながら勉強をする経験が、人間としての成長を促してくれるのです。
自分を成長させて、厳しい世界で学びの大切さを知ることが留学の醍醐味といえます。

海外への留学の本質は、実は英語の習得ではないと環境スペースは考えています。
自分を一回り成長させ、学びの大切さを知る留学にぜひチャレンジしてみてください。