安さで選ぶ落とし穴!内装業者の選定での失敗

店舗経営者にとって、内装工事のコストは安く抑えたい部分です。
しかし、激安を謳った内装業者を選んだために、後悔してしまうケースを環境スペースは目にしています。
今回は、内装業者を選ぶ際の落とし穴についてご紹介しましょう。


激安内装業者のカラクリ

常識的に考えて、内装工事を常に激安で出来る業者はありません。
激安を謳う内装業者の多くは、特別な事情で偶然安くなった事例を提示して「坪14万円で収まりました!」などどアピールしています。
常に安いわけではないのに、安く工事ができた事例だけを紹介し、あたかも安いように見せて集客効果を狙っているケースが多いのです。
内装工事を依頼する際には、多くの人が合い見積もりを取ります。
実際に同じ内容で見積もりを依頼すれば、見積金額には大きな差は出ないことがわかります。
しかし、それらが適正な価格であっても、激安業者の提示していた金額の印象が強いと、見積もり金額が高いように感じてしまいます。
激安内装業者のカラクリにすっかり騙され、適正な価格が判断できなくなる点が1つ目の落とし穴です。


欠陥工事のリスク

激安の見積もり金額には裏があるものです。
安くなっている理由は内装業者に必ず確認しましょう。
通常の適正な工事をした場合に発生する費用の請求がない、あるいは極端に安いなどの場合は、工事の品質を疑うべきです。
内装工事には、工期も予算も必要なので、無理がある内容ならば欠陥工事に繋がるとも考えられます。
理想の内装を実現するためには、何より内装工事の品質を優先しなければなりません。
工事の品質をないがしろにし、工期や予算を削ってしまうことには危険が伴うことを肝に銘じましょう。


内装業者は安さで選ばない

内装工事を発注する場合には、安さだけで業者を選んではいけません。
トータルで内装工事費を抑えるためには、事前の準備を行う事が大切です。
激安の内装業者に飛びつくのではなく、内装工事費を抑えるための時間をしっかりと取りましょう。
内装工事の見積もりには、対象物件を調査し、図面を分析するなどの時間も必要です。
見積もり期間に余裕を持たせることで、明確な見積もり金額が出せるため、結果としてリスク分を薄くした見積もりが出ます。
また、内装業者によって得意な分野が違うので、店舗の内装プランと相性の良い業者を選定すると工事費の削減ができます。
木工工場を持つ業者なら木工造作の内装が、塗装職人がいる業者なら塗装に特徴がある内装が安く実現します。
単なる激安内装業者ではなく、最適な業者を選定する事が大切といえます。

せっかくの新店舗で、内装を安く上げようとしたばかりに欠陥工事が発生してしまうこともあります。
店舗の経営者は、内装工事の発注先はしっかりと見極めましょう。