設計指針書を作成するメリットって?

多店舗展開をする上で必要となる、店舗の内装の設計指針書。
全てのベースとなり、設計マニュアルや標準デザイン、レギュレーションなどと呼ばれています。
店舗の内装に使用する色や素材、レイアウトなどが書いてあります。
では、設計指針書を作成するメリットとはなんでしょうか?
環境スペースが紹介します。

ブランディング効果有り

店舗を運営するには、自社の特徴を活かし、他社との差別化をする必要があるため、ブランディングに注力している企業も多くあります。
その企業ならではコンセプトや、オリジナリティを視覚的なポイントから伝えるのが店舗デザインだと思います。
多数店舗がある場合でも、店舗のデザインを統一することで、お客さんが認知しやすい店舗になり、再来に繋げることができるため、利益をだすこともできます。

スムーズに設計しやすい

他の新たな店舗を出店するたびに、客席の配置や厨房の配置などのレイアウトを1から決めていくのは手間で時間がかかってしまいます。
そのため、設計指針書を作成することで、打ち合わせの時間を短縮することができ、設計料も安く済ませることが可能です。
また、使用する什器や素材が決まっていることで、工事の金額がその時で変動することがなく、ある程度予測しやすくなります。
複数店舗をまとめて発注するのであれば、その分コストを下げることもできるかもしれません。
そして、設計指針書は、店舗のレイアウトや設備の面からレギュレーションがあり、それに応じた物件の大きさや形態を選ぶ必要があります。
候補の物件は少なくなりがちですが、設計難易度が高い物件はなくなるため、物件ごとの工事の金額を統一しやすくなるんです。

同じクオリティの店舗を出店できる

複数店舗を出店していくうちに、全ての店舗を同一の内装業者に依頼するのが難しくなる場合もあります。
しかし、設計指針書があれば、違う業者に内装工事の依頼をした場合でも、微妙な感覚のズレをなくして、同じクオリティの店舗にすることができるんです。
この指針書がないと、同じ店舗を参考にするしかなく、使い勝手やデザインが微妙に変わってしまう可能性があるため、注意しなければいけません。

設計指針書の作成方法

おおまかな流れは以下のようになります。
①依頼する条件の確定
②設計料の見積もり
③設計者の選定
④指針書の詳細を決める
どこまで作れば指針書になるかという基準はないため、どこまで作りこむかはその会社によって違います。
自社に最適な設計指針書を作成してみてはいかがでしょうか?