飲食店の内装工事で費用を考える際のポイントとは

飲食店の経営者にとって、店舗の内装工事費用を考えることは重要です。
飲食店の内装工事で費用を考える際のポイントについて、環境スペースがご紹介します。

stevepb / Pixabay

優先すべきこと

店舗の内装工事費用を考える際に、まず優先すべきポイントは事業計画です。
多くの経営者は、内装工事費用が最低でどのくらい必要かを気にします。
もちろん、一般的な費用や、他の店舗でどの程度かかったかなどの目安は存在します。
しかし、自分の店舗と様々な条件が一致する参考事例はありません。
自店舗の業態やコンセプト、初期投資を回収するための売上、ランニングコストなどを考慮した事業計画から適切な内装工事費を考えましょう。


内装工事費用以外にも注目

店舗の経営をスムーズにするためには、スタートが肝心です。
飲食店の開業では内装工事費用以外にも、様々な設備工事費用が必要になります。
特に、厨房機器が多く必要な業態の場合は、電気系、排水系、排気系など工事する部分が多く設備工事費用の金額が大きくなるものです。
焼き肉ややきとりなどの店の場合は、しっかりとした排気も必要でしょう。
設備工事費用にも注目しながら、内装工事費用にかけられる金額も考えなければなりません。


飲食店における内装工事費坪単価の例

内装工事費用は、店舗の規模が大きくなるほど高額となります。
また物件のタイプにより内装工事費が変わってきます。
・居抜き物件
居抜き物件で、元テナントの内装を活かす場合などは内装工事費用を抑えることが可能です。
居抜き物件なら1坪30万円が相場でしょう。
また、居抜き物件は間取りが決まっているため図面契約が必要ありません。
その点でも内装工事費用が抑えられます。
ただし、内装工事費用を抑えたいばかりに元テナントの内装をほとんど変えずに出店することにはデメリットもあります。
せっかくの新規オープンが顧客にアピールしにくく、元テナントが名前を変えただけだと思われる可能性も高くなるのです。
・スケルトン物件
スケルトン物件は、元テナントの内装が無い状態です。
天井も壁もむき出しの状態で、自由に店舗デザインができます。
スケルトン物件の相場は1坪60万円前後となります。
居抜き物件と違い図面契約が必要です。
図面契約は内装工事費全体の2~3割程度と考えてください。
内装にこだわりがある場合には、スケルトン物件を選ぶと良いでしょう。
ただし、自由がきく分、必要となる設備も多くなるので内装工事費用が嵩むケースが多くなります。

飲食店をオープンする場合は、内装工事費用を考えれば居抜き物件が環境スペース的にはおすすめです。
開業に向けて、しっかりと内装工事費用を考えていきましょう。