外観は店舗の印象を決める顔となる!外観で伝えたいことと気を付けるべきこと

店舗のデザインとなると内装をイメージする方が多いかと思いますが、いくら内装がお洒落で魅力的でも店舗に入ってきてくれなければ意味がなくなってしまいます。
店舗に客足が向いてくれるようにするには、店舗の外観から考えていく必要があります。
思わず入りたくなってしまうような外観にすることで、より内装も引き立てられるでしょう。
今回環境スペースでは、店舗の顔である外観についてご紹介していきましょう。

外観では何を伝える?

店舗の外観は、その店舗の集客に大きく関わります。
店舗の顔とも言える第一印象を決める重要なポイントとなるので、外観で何を伝えるかが大切になってくるのです。
外観を一目見て、雑貨屋か美容室か分からなければ、とても入りづらくなってしまいます。
そのため、まずはどのような店舗であるのかを伝えられる外観にする必要があります。
何を扱っている店舗なのか、何ができる店舗なのかを外観で伝えることで、イメージも付きやすく、それを目的としたお客さんが入ってきてくれることにつながるでしょう。
そして、次に伝えるのは店舗のコンセプトです。
その店舗がどんなコンセプトを持っているのかを外観で伝えられると、どのようなお客さんに向けて、どんな店舗なのかを伝えることができます。
例えば、飲食店であれば、外観を和風にするか洋風にするか、ファストフードなのか高級イタリアンなのかなどを外観で知ることができれば、安心して入店することができるでしょう。
年齢層や趣味趣向などのターゲットにしたい層を明確にすると、どのような外観が適しているのかもより明確にできます。

外観で気をつけたいこととは?

店舗の外観で伝えることについてご紹介しましたが、外観で気をつけておきたいところもあります。
それは、どの方向からお客さんが来るかと言う点と、競合店のデザインと被っていないかという点です。
まず、どの方向からお客さんが来るかという点についてですが、これは真正面から来ないお客さんもいるということを表しています。
店舗は道に沿って建てられているので、店舗の真正面以外で見られることが多くなります。
そのため、あらゆる角度から店舗の外観を見てもどんな店舗なのかがわかる外観にする必要があります。
また、お客さんの流れを把握しておくことで、店舗の外観を効果的に見せることも考えることができるでしょう。
そして、店舗を出す時には周辺の競合店の存在も気になります。
扱っているものやターゲット層が近いと、どうしても外観が似てしまいがちになります。
周辺に似た店舗がないかどうかチェックすることも、外観では大切となるでしょう。

店舗の外観について、外観から伝えたいことと外観を考える時に気をつけたいことをご紹介しました。
外観には集客が大きく関係しているため、事前調査を欠かさずにどのような外観にするかを考えていきましょう。