英語には種類がある。留学先の英語と訛りについて

英語をしゃべる国では、国のそれぞれが違うニュアンスで話していて、例えるならば、日本人の標準的となる日本語が、地域によって訛りが出ているくらいに違うのです。
今回は英語の国による訛についてご紹介していきましょう。

訛りがあるから日本人が話す英語は通じないのか?

良く勘違いされるのは、日本人がしゃべる英語は訛りがある国にとって何をいっているか解らないと考える人は多いですが、そんなことはなくきちんと現地の人には伝わります。
しかし、現地の人がしゃべる訛った英語は慣れるまで、何か理解できない人は多くいるのです。
英語の王道であるアメリカは、日本人にも馴染みやすく、海外先から英語を教えにくる先生の中でもアメリカ人が一番多いのです。
そのために、日本人には聞き取りやすく、日本人がしゃべる英語はアメリカ英語に近いのです。

英語の訛が強い国ではどうすれば良いのか?

英語を聞きとる上でアメリカ以外の国は馴染みのない発音を耳にするでしょう。
そのため、理解するのにしばらく時間が掛かり勉強しきれない間に留学が終わってしまう可能性があるのです。
そうなってしまっては、勿体ない留学になってしまうので、事前に行く国の訛を勉強して、理解がなかなかできないかもと感じたら留学期間を長くすることをオススメします!
最初は頭で考えて英語を聞きとるのでなかなかすんなりとは身に付くことはないかもしれません。
しかし、理解ができるようになれば色んなことを吸収するスピードも早くなりますので、留学先では語学知識の勉強を沢山しなくてはいけないでしょう。

英語をあまり知らないのならばイギリスがオススメ

英語は出来ないけど留学して世界を学びたい!世界の人と繋がってみたいという人はイギリスをオススメします!
イギリス英語はアメリカ英語よりも丁寧な文法になるので、接続詞や助動詞がきちんとしていて丁寧なのです。
また、文章通りの発音に近いのでWaterという文字がアメリカでは「ウォラー」と発音するところをイギリスでは「ウォーター」と発音します。
その他の英語も、ローマ字通りに読むことができるものが多いため、英語に慣れていない人でも留学しやすい国なのです。

日本人の中でも訛りがあるように、同じ国の中でも更に訛りがある地域と、訛りがない地域にも分けられます。
現地に行ったら語学を必死になって勉強すると思いますが、観光として楽しむためにも、行く国の語学は少しでも勉強しておくと良いのかもしれません。