英語圏の留学先の国による違い

留学先として多くの人が選択する英語圏は、様々な国があり、みんなそれぞれ違い、同じような国はないのです。
今回は留学先をどこにしようか迷っている人にもわかりやすく、英語圏の国による違いをご紹介していきましょう。

アメリカの留学

多くの人が留学先の行き先として決めるアメリカは日本人を驚かすような、世界最先端の国です。
そのため、学べることは多く、語学や文化だけではなく、経済的にも発展している国だからこそ、多くのビジネス学べる国なのです!
また、アメリカは世界トップレベルの大学が揃っていることから憧れる人は多く優秀な学力を身につけたくなるのです。
しかし、アメリカは治安の面が少し心配で、最近では治安維持運動により改善してはきましたが、夜中の出入りはまだまだオススメしません。

イギリス留学

英語の発祥地であるイギリスは、私たち日本人が使う英語とより関係の深い英語をしゃべっているのです。
文法に対して厳しいイギリスは、より英語をしっかりと身につけたい人にオススメです!
しかし、イギリスは英語力が高いので、イギリスの文化を傷つけるような英語には気をつけなくてはなりません。

カナダ留学

リトルニューヨークとも呼ばれるカナダはアメリカより治安が良く、多くの日本人が留学に行く国の一つでもあります。
都会的なだけではなく、自然も美しく綺麗なカナダは魅力的いっぱいの国です。
しゃべる英語の雰囲気はイギリスとアメリカ足した感じで、両方の良さをどちらも感じられるのです。
しかし、日本人の留学生が多いので、新鮮味がなかったり、日本の25倍近く寒いカナダは凄まじい環境と感じるでしょう。

オーストラリア留学

留学環境が整っているオーストラリアは治安や、生活環境だけではなく着教育水準も高い国です。
世界的に評価が高い国ですので、他国から留学する人が多く現地では様々な国の方と出会うでしょう!
また、オーストラリアは留学生の受け入れや保護を全面的にサポートしてくれる国で、法律で定められているくらい留学生の受け入れが整っているのです。
物価が高いのがネックですが、環境スペースはオーストラリアはかなりオススメしています!

ニュージーランド留学

豊かな自然でのびのびと留学できるニュージーランドは、国土のほとんどが自然環境で、広大な山々や牧草に囲まれています。
豊かに暮らせるニュージーランドでは英語を学ぶこともできますが、その自然を生かしたレジャーにも取り組むべきでしょう!
毎年住みたい都市ランキングとして常に上位にいるニュージーランドは、治安面も安心できて良い街です。
しかし、自然が多すぎるところから刺激的に感じ取れる場所が少ないため、留学に飽きがきてしまう人も多いようです。