トラブルを回避する!すぐできる賃貸での防音対策とは?

アパートやマンションで生活していると、どうしても気になってしまうのが騒音です。
騒音の原因としては、外からの音や、近隣住民の生活音などが多いでしょう。
しかし、自分自身も気が付かないうちに、騒音となる生活音を出してしまっているかもしれません。
事前に対策を行うことで、騒音トラブルを回避することも可能とります。
では、すぐに取り入れられる賃貸での防音対策にはどのようなものあるのでしょうか。
ポイントと交えながら環境スペースが説明していきます。

心掛けでできる防音対策

知らず知らずのうちに、大きな生活音を立てていることもあるでしょう。
そうすると、騒音が原因で近隣トラブルになってしまう可能性もるので注意が必要です。
普段の生活の中で、大きな音を立てているつもりはなくても、周囲が気になっていることもあります。
まず、歩き方にも注意が必要で、何も気を遣わずに歩いていると音が響いてしまいますので、ルームシューズを履いて生活することで普段から足音を抑えることができます。
また、扉を閉める音も意外と響きやすいので、勢いよく閉めるのではなく、なるべく音が出ないようにゆっくり閉めましょう。
他にも、音楽やテレビの音も時間帯によって聞こえ方が違ってきます。
深夜は、周囲が静かなので昼間と同じ音量でも大きく聞こえてしまうので、ボリュームを抑えめにしたりイヤホンを使ったりと、大きな音を出さない工夫をしましょう。

簡単な防音対策法

自分で防音を心掛ける以外にも、簡単な防音対策法があります。
音楽機器やテレビなどの音の出る電化製品は、壁にピッタリくっついていると音が伝わりやすいので、壁から離して設置しましょう。
壁際に大きな棚類を設置することで、壁から音が伝わるのを遮る効果が得られます。
また、椅子や机を動かす際にも、不快な音がする場合があります。
そのため、家具の脚にカバーを取り付けたり、カーペットを敷くなどの対策をとるのもおすすめです。
賃貸で全面フローリングの場合には、フローリングは足音が伝わりやすいため、カーペットなどで防音対策をしましょう。

防音性の高い賃貸とは?

防音対策として、防音性の高い賃貸の部屋を選ぶ方法もあります。
鉄筋コンクリートで建てられたアパートやマンションを選択すれば、防音性が高いのでお互い快適に過ごすことができるでしょう。
他の部屋の住人に、生活音が響くのを抑えてくれるでしょう。
ただし、軽量鉄骨を使用した場合には、防音効果が減ってしまうため注意が必要です。
また、鉄筋コンクリートは防音性だけでなく保温性も高いので、部屋を探す時のポイントとして覚えておくといいでしょう。
賃貸の部屋でも防音対策をしっかりすれば、隣人トラブルのリスクを軽減することができ、快適に生活できます。
今回ご紹介した方法はすぐにできるものばかりですので、是非試してみてください。