留学することで英語が話せるようになる?

世界共通語とされる英語は、さまざまな分野で必要となってきます。
特に、化学や医学の分野で活躍したいと考えている人には必須となってきます。
しかし、そういった人の中にも、英語が苦手だったり話せなかったりする人もいるでしょう。
英語を一番早く覚え身につける方法として、留学という手段があります。
ではなぜ、留学を行うと英語が身に付くのか環境スペースが紹介していきます。


日本における英語

日本で学ぶ英語は、「単語・文章読解・文章組み立て」をメインとしていますが、実際に海外で重要視されるのは「単語・ヒアリング・英会話」です。
日本語に例えると、勉強としての国語は苦手でも日常生活や会社で仕事には、何の問題もなく過ごすことができるのと同じです。
テストの総点数が低くてもヒアリングの点数は高かった、組み立てるのは苦手だけど単語は分かるという人は、英語が得意になれる可能性があります。


会話を成立させるための手段

英語も日本語も、すべての言葉を理解していなくても会話を続けることができます。
例えば日本語で話すとき、朝すれ違った友人が「・・・う!」と笑顔で話しかけた時、特に考えなくても「おはよう」と返すことができます。
英語も同じで、その時の状況、声のトーン、話している長さで何を言っているか自然と分かります。
単語や話し方は経験することで身につきます。
多言語を操りたいと考えている人は、そういった会話や言葉の流れを理解することが大切です。


英語ができなくても留学は可能

留学をしようと思っても、自分の英語力に自信が持てず尻込みしてしまう人も多いのではないでしょうか?
確かに、行ったばかりの頃は英語がしゃべれないと生活もままなりませんが、だからこそ必死で英語を覚えるようになるのです。
始めは辛いでしょうが、そのうち自然と英語がしゃべれるようになるため、心配する必要はありません。
ただし、日本人の友人や留学生とともに常に行動するのはおすすめしません。
1人で留学を行うのはほとんどなく、周りには数人、必ずと言っていいほど他の日本人が存在します。
だからといって常日頃から日本人と行動を共にしてしまうと、日本語のみを使ってしまいます。
そうなると、他の日本人に通訳してもらうことが多くなり、自分で学ぶ機会が減ってしまいます。
友好も大切ですが、留学した際にはできるだけ一人で行動すると早めに英語が身に付くでしょう。

聞く力を鍛えておけば、誰でも英語を話すことができるようになります。
留学をすることで聞き取る力や話す力が鍛えられ、日々を過ごすうちにどの単語が何を示しているかを自然と感じ取ることができるようになるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする