留学やワークホリデーで役立つ英語勉強法

留学やワークホリデーに行く際、事前に英語を勉強しておくことで、短期留学でもしっかりと語学力を身につけることが可能となり結果的に留学費用の節約や基礎ができていることで英会話が通常より早く身に付くという利点があります。
しかし、学生はともかく社会人になってしまうとどのように英語を学べばいいのか悩む人も多くいるでしょう。
そこで今回は環境スペースが、留学やワークホリデーで役立つ英語の勉強法をご紹介します。

850単語覚えると会話ができる

英語が公用語となっている国の人が知っている英単語の数は5万単語程度で、実際に使用しているのは1/10くらいの数となっています。
そのうち日常的な会話で使われている単語は、1000~1500単語と言われていて、その中でも「ベーシック・イングリッシュ」と呼ばれる基本単語の数は850と意外と少なめです。
これを覚えておくだけで、ほとんどの会話を聞きとることができ、また留学時に英語力をアップさせることができます。
それらの単語は単語帳として販売されているものやネット上でまとめられているサイトもあるので、自分に合ったものを活用するのがよいでしょう。
ネットだと音声が聞けるものもあるので、利用してみると良いでしょう。

英語を聞きとるために発音する

聞きとるために発音するというのがよく分からない人が多いでしょう。
日本語に置き換えて説明すると、例えば「あめ」と誰かが言ったとします。
しかし、発音を知らなければ、その「あめ」が、「雨」なのか「飴」なのか、それとも「編め」なのかはわかりません。
単語の意味を理解するためには、前後の文だけでなく単語の発音の仕方を理解することも重要になってきます。
英語の場合は「light(光)」と「right(右)」の違いなどが当てはまりますが、発音を知らなければどちらのことを示しているかは分かりません。
自分が発音を勉強し身につけることで、そういった英語の違いを聞きとれるようになるのです。
発音を覚える方法として、海外のニュースなどを見てまねをしてみると、発音が上手くなります。

実際に会話を経験する

何事も実際に体験してみることが重要です。
近年では、インターネット上でできるオンライン英会話というものがあり、それらを体験することで英会話をいち早く学ぶことができます。
まだ発展途上ということもあり無料体験ができるところがいくつかあるので、実際に経験してみると良いでしょう。
また、海外のニュースなどの文章を聞き、理解しながら読むと上達が早くなります。
留学する前に事前に学習しておくことで、心に余裕ができたり、留学中での英会話の上達が早くなったりします。
発音や単語をしっかりと学ぶことで、有意義な留学期間を過ごすことができるでしょう。