英会話力で差がつく!英語ができる人とできない人の基準とは

ビジネスや普段の生活の中で、英語を使う機会が増えており、留学する上でも欠かせないスキルと言えます。
英語が得意と自信を持つ方は多いと思いますが、ただ単語を知っていることや、文章を読み解けることが、英語ができる人というわけではありません。
では、英語ができる・できないの基準は何なのか、また英語ができない人が心がけることについて環境スペースが紹介していきましょう。

英語ができる・できないの基準は?

日本での英語教育に限定すれば、単語とその意味、さらに文章を正しく理解している人が、英語ができる人と言えます。
しかし、実際に仕事や留学などで必要となるのが英会話力です。
高い英会話力を発揮するためには、相手の話を聞き取る力と、話すために必要な単語を多く知っていることが大切です。
ただ、日本の英語教育は、最低限の単語や文法、文章の理解から始める場合が多く、英会話は授業で積極的に取り組まれていないので、英会話力は低い傾向にあります。
実際に海外で英語を使う時には、単語を豊富に知っている上での英会話を使ったコミュニケーションが非常に重要です。
英語を使う仕事や英語圏への留学を考えている人は、英会話の能力を基準として自分の英語力を判断しましょう。


英語ができる人の特徴

英語ができる人には、いくつかの特徴があります。
まずは、英会話をする時に考え過ぎないことが大切です。
前述したように、日本の英語教育では文法を重視しているため、いざ会話をしようとした時に言葉が詰まってしまうでしょう。
しかし、実際の会話の中では少し間違えていても相手に伝わりますし、相手の発言の全てが聞き取れなくても部分的には理解できます。
英語ができる人は、文法に悩んで会話に詰まることがなく、間違えても気にせずに一生懸命に伝えることを大事にしています。
また、恥ずかしがらずに話すことも必要です。
上手く話せないことが恥ずかしいと思ってしまい、自分は英語ができないんだと諦めてしまっては英語力は向上しません。
最初は語順を気にせず、単語の羅列になっても恥ずかしがらずに堂々として話を続けましょう。


できない人が心がけたいこと

英語ができない人が、英語を勉強する上で心がけたいことがあります。
目標がない状態で学習するとなかなか上手く話せないため、英語を学習する上でしっかりとした目標を設定すると良いでしょう。
また、文法も大切ですが、よりたくさんの単語を習得しておくことで、英語が聞き取りやすくなり、理解も深まります。
分からない単語が減れば、相手が伝えたいことが分かるだけではなく、自分が伝えたいことも口に出せるようになるので、英会話能力の向上につながります。
まずは、単語を覚えることから勉強を始めていき、英会話の基礎を固めていきましょう。

留学では実践的な英会話能力が必要であり、スムーズに会話できる人こそが英語ができる人と言っても過言ではありません。
しかし、実際の会話では流暢に話すことではなく、恥ずかしがらずに堂々と話すことが大事です。
ただし、基本的な単語や文法を理解しないと会話は成立しないので、単語を覚えることや、英会話力を高める訓練に取り組んでみましょう。