壁に貼り付けるだけ!賃貸で簡単に作れる防音室とは?

最近では、動画投稿サイトや動画配信などの人気によって、自分で楽器演奏したり歌ったりして録音することを趣味としている人もいるでしょう。
問題として挙げられるのは、大きな音が外に響いてしまうため、賃貸ではなかなか楽しみづらいという点です。
しかし、普通の賃貸でも自分で少し手を加えて工夫するだけで、簡単に防音室が作れます。
では、防音室を賃貸で簡単に作る方法を環境スペースが紹介しましょう。

防音室がないとどうなる?

賃貸の部屋において、防音室がない状態で演奏をするとどのような不便が出てくるでしょうか?
近隣住民へ音が大きく響いてしまうため、騒音による隣人トラブルに発展してしまう危険や、退去しなくてはいけなくなる可能性があります。
また、防音のない部屋は音が外に広がってしまうため、室内に聞こえる音の質も下がってしまい、楽器の音や歌声を録音したい人は綺麗な音で録音ができないです。
防音室を作ることは、近隣へ騒音が響かないようにするためや、音を綺麗に響かせて音楽を楽しむために重要なツールであると言えます。

防音室の作り方

防音室には様々な種類がありますが、部屋の中に狭い箱のような防音室を置く商品があります。
性能は非常に高いものになりますが、サイズが大きく高価な防音室になるため、手軽に設置しようと考えている人には難しいでしょう。
では、簡単にできる防音室を作るにはどうしたらいいのでしょうか?
まずは、部屋の壁に隙間なく遮音材と吸音材を貼り付ける方法ですが、それだけでも十分な防音機能を発揮してくれます。
遮音材と吸音材は、厚みが出るほど防音効果が高くなるため、なるべく厚みのある素材を選んでしっかりと貼り付けましょう。
また、綺麗な音を響かせたい人に欠かせないのが調音パネルで、部屋の中に聞こえる音の響き具合を上手く調整してくれるものになるため、自宅で演奏して録音したい人におすすめです。

良い防音室を作るポイント

防音室を作る時に大切なのは、音を抑えることだけではなく、防音室の中で作業をすることになるので、過ごしやすい空間にする必要があります。
そのためには使用する素材に注意して、空気が悪くならないように化学物質の少ない自然の素材を取り入れるようにします。
また、狭い密室を防音室とする場合には換気も重要になるため、部屋内の空気循環をしっかりすると、楽しく快適に趣味を楽しめるでしょう。
賃貸でも、壁に防音効果のある素材を張り付けるだけで簡単に防音室が作れて、綺麗な音が出せるようになるでしょう。
防音室を自作して、自宅で音楽の趣味を楽しんでみてはいかがでしょうか?