設備によって費用が変わる!業種別に見た内装工事費用の相場とは?

店舗を立ち上げる時には、どんな所にどのくらい費用がかかるのかイメージしにくいという人もいるのでしょう。
その中でも、大きい割合を占めるのが内装工事費用で、内装工事の費用は店舗が営業する業務形態によって違いがあります。
今回は、内装工事にかかる費用の相場を業種別にご紹介しましょう。


内装工事の相場【美容系】

美容系店舗の内装工事の相場は、平均として坪単価が約40~80万円となる場合が多いです。
エステサロンや美容室には、施術するためのベッドやイス、待合室の設備など、必要となる設備がたくさんあります。
それらの設備は営業するために不可欠なものであるため、設備費用を大幅に削ることができません。
中でも美容室に必ずあるシャンプー台は、ボイラーや配管などの工事費用が必要であるため、美容室の坪単価は高くなる傾向にあります。
施術に関する設備の費用が多くかかるため、店内の壁や床などの内装にはあまりお金をかけすぎないように気を付けて、できるだけシンプルなデザインするといいでしょう。


内装工事の相場【飲食系】

飲食系店舗の内装工事の相場は、坪単価が平均約20~40万円です。
他の業種と比べて設備工事費用が高く、販売する商品によって運営するために必要な店舗の規模が変わります。
店舗の規模や調理する食品によって、どのくらいの大きさの厨房を用意するかが決まりますが、軽食を中心に提供するカフェであれば、そこまで大規模な厨房は必要ないです。
強い火力を必要とする調理をする場合には、それに合わせたガス工事が必要となるため、規模の大きい店舗は、坪単価50万円ほどを見ておくといいでしょう。


内装工事の相場【物販系】

物販系の店舗は、内装工事費用の平均坪単価が約10~20万円となります。
他の業種と違って配管やガスなどの特別な設備工事が必要がないため、比較的坪単価があまり高くない傾向にあるでしょう。
特殊なデザインや素材を使った壁や床にしなければ、内装工事費用を抑えられますが、ブランド品を扱うような高級店に関しては例外と言えます。
店舗のデザインやイメージが販売している商品の評価に繋がるため、洗練された豪華な印象のあるデザインが施された内装が必要です。
そうした場合には、設備工事がない分費用を抑えられても、内装デザインの費用が高くなることがあるでしょう。

内装は店舗のイメージに繋がる大事な部分であり、必要な設備工事が多い店舗では費用を削ることができない場合があります。
店舗の収益率を考えながら、内装工事にかけられる費用を考えていきましょう。