窓の防音にはサッシが重要!静かで快適に暮らすために

窓は家の中に空気を取り込むために重要なものですが、そこから冷たい空気や外の騒音、他の部屋からの生活音が入ってきてしまうと、生活しづらいと感じることもあるでしょう。
騒音や気温を気にせず快適に暮らすためには、どうしたらいいのでしょうか?
今回は、静かで快適な暮らしをするために知っておきたい、防音サッシについて環境スペースが説明します。


サッシを変える必要性

多くの家庭で使われているアルミサッシですが、気密性が低いサッシになるため、隙間から音や空気が漏れ出して防音性が低くなってしまいます。
そのため、隙間がなく気密性に優れたサッシに変えることが非常に重要です。
多くの家庭の窓ではアルミサッシが使用されていますが、戸車という窓を滑らかに動かすためのものを入れるために、窓の下部に隙間があります。
防音をするために壁や窓を変えようと考える人が多いですが、まずはサッシの隙間対策を行い気密性を上げることから考えてみましょう。


防音サッシの特徴

前述したように、アルミサッシは隙間ができやすいサッシになります。
一方、ここでご紹介する防音サッシは気密性が非常に高く、外からの騒音や家の中で聞こえる生活音をシャットアウトしてくれるのが特徴です。
また、気密性が高くなると風も通さなくなり、夏の暑い空気や冬の冷たい空気が部屋の中に入らなくなるため、静かで快適に暮らしたいと考える人が取り入れたい必須アイテムと言えるでしょう。
防音サッシの取り付けは、1窓あたり1時間程度で完了しますが、費用が高い傾向にあるため注意しておくといいでしょう。


さらに防音性の高い窓を作るには?

防音サッシと合わせて、気密性のある窓ガラスに変更すると防音性が高まります。
例えば、防音フィルムを2枚の窓ガラスで挟んだ合わせガラスを取り付けれると、高い防音効果が期待できます。
合わせガラスのメリットとして、割れた時に散らばりにくい点が挙げられるため、安全に気密性を上げたい人におすすめの窓ガラスです。
また、遮熱高断熱型複層ガラスも優秀な窓ガラスになり、遮熱と断熱が合わさったガラスであるため、防音性が非常に高いです。
さらに、紫外線や日差しを遮ることで、室内の温度調節をしてくれます。

防音サッシを取り付けることで、外からの騒音や他の部屋からの生活音を気にせず快適に暮らせます。
また、防音サッシで気密性を高めると、暑すぎたり寒すぎたりすることがなくなるため、快適に生活できるでしょう。