防音パネルの効果と特徴

楽器を演奏には大きな音が出てしまうのは仕方のないことです。
楽器から出る音は、初心者の演奏でもプロの演奏でも、興味のない人にとっては騒音となって聞こえてしまうでしょう。
特に、体調の悪い時は普段気にならない音であっても、我慢できないと感じてしまうこともあります。
音の感じ方は人それぞれで、日中だから許されるというものでもありません。
昼間に睡眠をとる人もいるので、時間帯だけ注意するというのは間違いです。
また、音量に関しても小さな音であっても、長時間に渡って鳴り続けるのはやはり気になります。
少しでもこうした問題点をクリアためにおすすめしたいのが、防音パネルです。
今回は、環境スペースが防音パネルについて紹介していきます。

防音パネルなら自分で対策が可能!

防音壁や防音パネルは自分で設置することが可能です。
壁に防音効果のあるパネルを取り付けるだけなので、少ない費用で対策を行うことができるのが特徴です。
業者選びをしたリ工事期間に家を空けることができないなどを気にする必要がないので、工事に合わせてスケジュールを組む手間も省くことができます。

防音パネルの種類

防音パネルには、防音素材を重ね合わせて作られる本格的なパネルもあれば、素人でも簡単に施工することのできる簡易的な防音パネルもあります。
自分で取り付けできる防音パネルは、遮音シートに似た素材が使用されていてパネル自体の厚さも比較的薄いもので、ほとんどのものが5cm程度の厚さとなっています。
防音パネルの素材としては、中に金属のシートが挟んであるものやガラス繊維が含まれているものなど種類があります。
素材によって防音効果に違いがあるので、目的に合わせて選ぶことを環境スペースはおすすめします。

オシャレな防音壁はある?

防音パネルによっては、表面の色や柄を選ぶことも可能です。
単色の防音パネルを想像している方も多いと思いますが、色や柄が選べるものを活用すれば、お部屋の雰囲気も自分好みに変えることができます。
防音パネルを取り付ける位置や枚数は人それぞれです。
お部屋のアクセントとして有効活用するのもおすすめです。

防音パネルの防音効果はどのくらい?

防音パネルの防音効果は、どのくらいあるのでしょうか。
防音パネルの種類によっても違いはありますが、15~20デジベル程度の防音効果があります。
防音設備の整ったマンションや防音を専門に扱う業者による施工に比べると、効果は劣ってしまいますが、楽器の演奏をしたときに近所からのクレームが来ない程度だと考えると分かりやすいでしょう。