防音カーテンの効果と効果を高める取り付け方

簡単にできる防音対策の一つに防音カーテンを取り付けるという方法があります。
防音カーテンを付けることで、どれほどの効果を得ることができるのでしょうか。
そもそも、防音カーテンというのは外からの音を軽減してくれるのか、家の中の音を外に漏れないようにしてくれるのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
この記事では環境スペースが、防音カーテンの効果について紹介していきます。
環境スペース,防音,カーテン

防音カーテンの効果

防音カーテンには、遮音と吸音の二つの効果があり、生地の織り方も防音効果を高めるような特殊な織り方をしていますし、素材にもこだわっているものが多いです。
よくストレス発散のために枕やクッションなどに顔をうずめて叫ぶという人がいますが、枕やクッションに向かって叫ぶことで声は周囲に届きにくくなります。
それと同じように、カーテンも密度の詰まった素材や織り方をすることで防音効果を得ているのです。
また、密度の高い生地は重量があるため、防音カーテンは一般的なカーテよりもずっしりと重いのが特徴です。
生地が厚くなるので、遮光性や遮熱性といった効果も期待できます。
防音カーテンで効果が得られるのは、中高音域の音が中心です。
女性の話し声や子犬の鳴き声、ピアノなどの楽器の演奏音、電車や自動車の音などがこの中高音域に当てはまります。
しかし、防音カーテンで効果が得られない音もあります。
それが固体伝播音と呼ばれる壁や天井などに音がぶつかって振動しながら伝わる音です。
電車や工事などの低音域の固体伝播音は、防音カーテンでは効果を得ることができないので理解しておきましょう。


より効果を得るために

・隙間をつく入らないようにする
防音カーテンを購入して取り付けるだけでは、最大限に防音効果を得ることができません。
カーテンを購入する時には、窓よりも一回り大きめサイズを選び、床や壁との隙間が開かないように取り付けるのがおすすめです。
重量もあり、さらにサイズも大きくなるので、カーテンレールも重量に耐えられるものを選んでください。
カーテンレールの部分には、カーテンボックスを取り付けて隙間を開けないようにするのもよいでしょう。
カーテンの両サイドの部分も、しっかり固定するのがおすすめです。
マジックテープを付けたり、押しピンでとめると音が外に漏れだすのを防ぐことができます。

賃貸物件などで、なかなかリフォームできない場合には、防音カーテンを活用するのがおすすめです。
自分でできる対策をして、騒音トラブルを回避して欲しいと環境スペースは考えています。